2020年・6月分読書会 活動報告(2)

みなさん、こんにちは、本ノ猪です。

今回は「2020年度・6月分読書会 活動報告(2)」ということで、読書会参加者(つるばみさん&秋山白さん)の読後感/参加後の感想を掲載したいと思います。

 

○つるばみさん(@kamus_lpzn)

【読後感】

川端康成の雪国の感想なんだけど、深淵を覗いているようで覗かれているような肌寒さを感じましたね。(読書会当日は)比喩がすごいとかいうアホ極まりない感想を述べていましたが、比喩から何を連想"させられるか"が大事なのではないかなと。

 比喩表現、特に暗喩を理解して汲みとれる人間からするとかなり情景としてありありと"浮かばされた"んだよ。"浮かべた"んじゃない。この本には強制力がある。読者様が一方的に読むものじゃなくて、高尚な技術で想像させる本だ。故に、心を覗かれているように感じる。主導権が本にある。

【参加後の感想】

本日の読書会で、初めて川端康成の本を読みました。特に地の文の表現が美しく、終始圧倒され続けていました。
 会の中で、心理描写の抽象的な部分について、複数の疑問点を言語化し話し合い、参加者の価値観や、その当時の男女間の人間関係や歴史的背景の理解につながりました。

 

○秋山白さん(@iJJVl6Gf8VdAh1T)

川端康成『雪国』感想

 まず、内容を知らずに読んだ『雪国』が色恋の話であったことに驚いた。しかしその内容に染まりきらないほど文章から澄んだ白さを感じた。次に初稿の出版から12年(たしか)たち、作品後半の「流れ星」と「火災」の場面を加筆して現在の『雪国』が完成したとこは衝撃であった。『雪国』は、現代からみれば長編とは言えない。そんな一つの作品に何年もかける精神力は並大抵のものではないと思う。
その他、読書会中に出た話題を以下にあげる。

・ガマガエルの鳴き声はことがおこる隠喩
・「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という冒頭で読者の心をつかむ。
ex「吾輩は猫である
・初稿『雪国』は戦前に書かれ、現在の『雪国』は戦後に書かれた。
・作中の鏡の描写は島村の間接的な生き方を反映したものか。
・作中にはあるのは、色or恋愛?
・ラストで島村と駒子が火災にあった葉子を目撃するが島村の気持ちが揺れているようには読めない。しかし島村は少し時間を経て、葉子の死を実感するのではないか?

 

f:id:honnoinosisi555:20200608201116j:plain

(画像は、田村茂『素顔の文士たち』河出書房新社、2019、P9⇒https://amzn.to/2rPmKdE

川端康成『雪国』(新潮文庫)⇒https://amzn.to/2MCSJos

______________________________

読書会の参加者の感想文を読んでいて改めて感じたのは、一冊の本を読み込むことの難しさである。自分の中ではあまり印象に残らなかった一文が、他の参加者においては重要なものとして捉えれていることは少なくない。例えば、直接的にではなく、間接的に登場人物の心情の変化を示している一文があったとして、そこに目が行かず、軽く流してしまったとしたら、小説全体の捉え方も変わってしまうだろう。

今回私は『雪国』の読書において、そのことを痛く感じた。深い理解に近づくためにも、やはり読書会は有意義である。

______________________________

以上で「2020年・6月分読書会 活動報告(2)」を終ります。

ご覧頂きありがとうございました。

 

2020年・6月分読書会 活動報告(1)

みなさん、こんにちは、本ノ猪です。

6月28日(日)の14時00分から18時30分までの4時間半、

6月分の読書会を開催しました。

課題図書は、

 

川端康成『雪国』(新潮文庫)⇒https://amzn.to/2YA5YNV

 

でした。

 

f:id:honnoinosisi555:20200608201116j:plain

(画像は、田村茂『素顔の文士たち』河出書房新社、2019、P9⇨https://amzn.to/2rPmKdE

川端康成『雪国』(新潮文庫)⇒https://amzn.to/2MCSJos

__________________________

今回は「2020年・6月分読書会 活動報告(1)」ということで、本ノ猪(@honnoinosisi555)のレジュメを掲載します。

 

レジュメ↓

 

__________________________

今月は、汗したたる時節の中で、白雪積もる小説をよむという趣き深い(?)読書会となりました。

感染症による外出自粛は一応の終わりを見せているため、通常通り京都の某古書店で読書会を再開しようとも思ったのですが、「今月までは様子を見よう」ということで、Skypeのみでの開催となりました。

課題図書の『雪国』は、戦前・戦後を通して活躍した川端康成の代表作で、数ある文豪の小説を収録している新潮文庫のなかでも、トップクラスの発行部数を示しています。

ということは、それだけ読者の数も多いということになりそうなものですが、実際は周囲の友人・知人の話をきいてみると「実は読んでない……」という返事が少なくない。この事実に気付いたことが一つのきっかけとなって、「読書会で課題図書にして、読んでしまおう」と思い至りました。

 

『雪国』の魅力は、主人公・島村、駒子、葉子の間で交わされる会話と、それを通じた心の変化にあります。露骨な性的描写を排して、男女の微妙な関係性を示す川端の文章能力には、ただただ唸らされました。また、直接的な表現を避けることによって、読者の側の解釈に幅が広がるため、読書会に非常に適した小説であるとも感じました。

「『雪国』を課題図書に推薦してよかったな」と心から思います。

 

____________________________

以上で「2020年・6月分読書会 活動報告(1)」を終ります。

ご覧いただきありがとうございました。



2020年・6月分読書会について

みなさん、こんにちは、本ノ猪です。

今回は、「2020年・6月分読書会について」ということで、

6月分読書会の概要について、簡単に示したいと思います。

____________________________

【6月分読書会概要】

○課題図書:川端康成『雪国』(新潮文庫)⇒https://amzn.to/2MCSJos

○開催日:6月28日(日)*変更あり

○参加方法:できるだけ事前に課題図書を読んでくる(「絶対」ではない)。

      Skype参加。

*読書会参加希望の方は、Twitter:本ノ猪(@honnoinosisi555 または @honnoinosisi123)に連絡をお願いします。

*新型コロナウィルス感染症対策のため、積極的にSkypeでの参加者を募集しています。

 

今回の課題図書は、 本好きなら知らない人はいない川端康成の名著です。しかし、実際はきちんと読み込んだことがなかったり、ほんとうは未読であったりなどする一冊でもあると思います。そこで一度読書会の機会を通して、一緒に読んでいきましょう!

 

f:id:honnoinosisi555:20200608201116j:plain

(画像は、田村茂『素顔の文士たち』河出書房新社、2019、P9⇨https://amzn.to/2rPmKdE

川端康成『雪国』(新潮文庫)⇒https://amzn.to/2MCSJos

_____________________________

以上で「2020年・6月分読書会について」を終ります。

ご覧いただきありがとうございました。

2020年・5月分読書会 活動報告(2)

みなさん、こんにちは、本ノ猪です。

今回は「2020年・5月分読書会 活動報告(2)」ということで、本ノ猪(@honnoinosisi555)のレジュメを掲載します。

 

レジュメ↓

 

f:id:honnoinosisi555:20200506211850j:plain

 中江兆民著、桑原武夫・島田虔次訳・校注『三酔人経綸問答』(岩波文庫)⇒https://amzn.to/2YA5YNV

___________________________

今回『三酔人経綸問答』を読んで一番に感じたのは、設定の面白さである。
「三人の男が酒を飲みながら政治談議で盛り上がる」――大変シンプルであるが、これが読者を惹きつける。

読書会参加者の一人が、「洋学紳士の話が長い」とツッコミを入れて、他の参加者も「たしかに」と頷く。言われてみれば、三人が平等に意見を述べていくというよりは、洋学紳士の独演会に、どう豪傑君と南海先生が鋭いツッコミを入れるかという話になっていることが分かる。それはそれで面白いので、一向に構わないのだが。

『三酔人経綸問答』というタイトルだけを見ると、「小難しい議論を何百ページにもわたって突きつけられるのか……」と敬遠してしまいがちになるが、内容の難易度の場合でいえば、近代日本思想に纏わる本の中でも際立って分かりやすい本となっている。もし手に取るかどうか悩んでいる方がいれば、ぜひ手に取ってみて頂きたい。

感想お待ちしています!

__________________________________

以上で「2020年・5月分読書会 活動報告(2)」を終ります。

ご覧頂きありがとうございました。

 

2020年・5月分読書会 活動報告(1)

みなさん、こんにちは、本ノ猪です。

5月31日(日)の14時00分から18時30分までの4時間半、

5月分の読書会を開催しました。

課題図書は、

 

中江兆民著、桑原武夫・島田虔次訳・校注『三酔人経綸問答』(岩波文庫)⇒https://amzn.to/2YA5YNV

 

でした。

 

今回の課題図書は、南海先生、豪傑君、紳士君の三人が、酒を飲み交わしながら、政治・国家・平和などについて語り合うというストーリーとなっていました。1887年5月に刊行された本でありながら、いまなお色あせない名著です。
未読の方は、ぜひ読んでみてください!

 

f:id:honnoinosisi555:20200506211850j:plain

中江兆民著、桑原武夫・島田虔次訳・校注『三酔人経綸問答』(岩波文庫)⇒https://amzn.to/2YA5YNV

 

______________________________

今回は「2020年・5月分読書会 活動報告(1)」ということで、今月の課題図書を推薦してくださった「Kamikawaさん 」(@Theopotamos)のレジュメを掲載します。

 

 

_______________________________

今回は、Twitter上の学問仲間でもあるKamikawaさんにレジュメを作成していただきました。レジュメは、『三酔人経綸問答』の内容の簡潔な要約とともに、この本の背景にあった時代状況が分かりやすく解説されており、大変参考になりました。

Kamikawaさんは「『三酔人経綸問答』に登場する西洋紳士、豪傑君、南海先生には、それぞれに実在する人物が想定されていたのではないか」という問題設定のもと、例えば「西洋紳士」のモデルとして、若き徳富蘇峰を挙げていた点は、特に面白かったです。

現代において読んでも、一程度の面白さを享受できる『三酔人経綸問答』ですが、さらに時代背景をおさえておくことによって、内容の理解も深められると思います。それを再確認することができたレジュメでした。ぜひご覧ください。

 

_______________________________

以上で「2020年・5月分読書会 活動報告(1)」を終ります。
ご覧頂きありがとうございました。

2020年・5月分読書会について

みなさん、こんにちは、本ノ猪です。

今回は、「2020年・5月分読書会について」ということで、

5月分読書会の概要について、簡単に示したいと思います。

 

【5月分読書会概要】

○課題図書:中江兆民著、桑原武夫・島田虔次訳・校注『三酔人経綸問答』(岩波文庫https://amzn.to/2YA5YNV

○開催日:5月31日(日)*変更あり

○参加方法:できるだけ事前に課題図書を読んでくる(「絶対」ではない)。

      Skype参加。

*読書会参加希望の方は、Twitter:本ノ猪(@honnoinosisi555)に連絡をお願いします。

*新型コロナウィルス感染症対策のため、積極的にSkypeでの参加者を募集しています。

 

今回の課題図書は、南海先生、豪傑君、紳士君の三人が、酒を飲み交わしながら、政治・国家・平和などについて語り合うというストーリーとなっています。1887年5月に刊行された本でありながら、いまなお色あせない名著です。
ぜひみなさんで読みましょう!

 

f:id:honnoinosisi555:20200506211850j:plain

 

中江兆民著、桑原武夫・島田虔次訳・校注『三酔人経綸問答』(岩波文庫)⇒https://amzn.to/2YA5YNV

_________________________________

以上で「2020年・5月分読書会について」を終ります。

ご覧いただきありがとうございました。

2020年・4月分読書会 活動報告(4)

みなさん、こんにちは、本ノ猪です。

最近、夜になると、食欲がなくなる日が多くなり、串団子とか大福とか、甘いものばかり食べています。「体調が悪い」という感覚はないので、おそらくストレスが原因です(外出自粛が原因でもあり、人間関係のもつれが原因でもあり……)。

あまりに偏った食事を続けていると、免疫力の面で芳しくないと思いますので、バランスのいい食事を心がけていきたいと思います(ここで宣言することでもないですが)。

____________________________

今回は「2020年・4月分読書会 活動報告(4)」ということで、読書会参加者(イノモトさん(@SOSO68464278))の参加後の感想を掲載したいと思います。

 

■イノモトさんの感想↓

『白の闇』読書会感想
初めて参加させていただきましたイノモトです。
他の方の意見を聞き、自分でも拙いながらも感想を口にすること
で新しい発見があり理解が深まったように思います。
例えば、作中の暴力的な描写にかなり辟易していたのですが、対話の
中から、あれは極限状態に置かれた人間の悪の側面を決して美しく描
かないという作者の決意なのだろうと考えることができました。
また、オンライン読書会自体が「目が見えない私たち」という状況を
作り出していることも面白かったです。肉眼で見なくても人の″本質″は
伝わり合うのでしょうか。そしてコロナが蔓延している今、先を「見通
す」ことはできるのでしょうか。そんなことを考えました。

(本ノ猪コメント:イノモトさん、読書会に参加いただきありがとうございました!

 コメント中にある「オンライン読書会自体が「目が見えない私たち」という状況を
作り出していることも面白かったです」という一文には頷けるものがありました。

 次回もぜひご参加ください!)

 

f:id:honnoinosisi555:20200403194105j:plain

ジョゼ・サラマーゴ著、雨沢泰訳『白の闇』(最新版⇒河出文庫、2020)⇒https://amzn.to/3bRaVWf 

_____________________________

以上で「2020年・4月分読書会 活動報告(4)」を終ります。

ご覧いただきありがとうございました。