2019年度・5月分読書会について

はい、みなさん、こんにちは。

いつも本のことばかり考えている、本ノ猪です。

気付けば、10連休も終わり、

元号も「平成」から「令和」へと変わりました。

私はこの激動(?)の数十日間、どのように過ごしていたかというと、

ほとんど毎日「古本まつり」の会場にいました(笑)

10連休の前半は、四天王寺の古本市に行き、

後半は、京都のみやこメッセで開かれていた即売会に足を運びました。

世間が騒がしい中、ゆったりと古本まつりを楽しむことができたのは幸せでした。

みなさんは、どのように10連休をお過ごしになったのでしょうか。

ぜひ聞いてみたいものです。

___________________________

今回は、「2019年度・5月分読書会について」ということで、

5月分読書会の概要について、簡単に示したいと思います。

 

【5月分読書会概要】

○課題図書:片山杜秀『平成精神史 天皇・災害・ナショナリズム』(幻冬舎新書、2018)⇒https://amzn.to/2JqbpYj

○開催日:5月26日(日)(仮)

○開催場所:京都某所

○参加方法:できるだけ事前に課題図書を読んでくる(「絶対」ではない)。

      京都へ現地参加 or Skype参加。

*読書会参加希望の方は、Twitter:本ノ猪(@honnoinosisi555)に連絡をお願いします。ご参加、お待ちしています!!!


【参考資料:『平成精神史』の目次】

 

第一章 平成二八年夏の「革命」―「平らかに成る」に秘められた思想(上)

第二章 未完の平成―「平らかに成る」に秘められた思想(下)

第三章 花開く刹那主義―災害とニヒリズム(上)

第四章 今上天皇ロマン主義―災害とニヒリズム(下)

第五章 日本会議の悲願―平成ナショナリズムの正体(上)

第六章 終わらない冷戦―平成ナショナリズムの正体(下)

第七章 万世一系神話の寿命―ポスト平成の天皇

第八章 不条理こそリアル―ホラーとゲームの平成文化

第九章 マルクスを呼び戻せ!―人間不要のAI資本主義

第十章 北一輝麻原彰晃の奇妙な符合―瓦解する戦後民主主義

f:id:honnoinosisi555:20190508194001j:plain

片山杜秀『平成精神史』⇒https://amzn.to/2JqbpYj

____________________________

以上で、「2019年度・5月分読書会について」を終ります。

ご覧いただきありがとうございました。